ワーキングホリデーの注意点

ワーキングホリデーは二国間の取り決めによって休暇を楽しむ目的で、現地での生活費をまかなうための労働が許可されている制度です。長期滞在することで現地に異文化に触れ相手国と自国の相互理解を深めることが目的とされています。ワーキングホリデーとして選ばれている人気の国はオーストラリア、カナダ、ニュージーランドなどがあります。青年が対象とされており国によって基準の年齢が設定されているので注意が必要です。オーストラリアの場合は18歳から30歳までになっているようです。またアルバイトなど労働によって生活費を賄うことになっていますが、すぐにアルバイトが見つからなかったり、希望の時給より安いなどの理由でお金を得るのが難しい場合もあります。そのためある程度の資金を用意して行くことが大切です。また同じ雇用主の下で働く場合の期間なども制限されているので確認が必要です。

ワーキングホリデーに関するうんちく

ワーキングホリデーを望む人は若い人が多いと言えます。言葉を理解できなくても海外の文化や建造物等の違いや生活様式の変化にも触れながら自己での知識を高めようとする意識の元に働きます。国内での文化の違いや食事・生活リズム・言語の違い・職場での意識の違い・すべてを目の当たりにしながら少しづつ慣れていきます。言葉一つにしてもアクセントの違いや解釈の仕方も違います。実際に知識として国内で英語の勉強をしても実際に活用する場合には不慣れな言葉としかなりません。実践有のみです。海外で生活の違いを感じながら異文化に触れ、しかも観光もでき、収入を得る事もできます。少しづつ言葉や生活文化を習得しながら収入を得る事も出来て一石二鳥でも有ります。生活様式の違いには最初には戸惑うばかりですが、実際に取り組んでみると案じるよりやさしかもしれません。

ワーキングホリデーの良さ

ワーキングホリデーとは、名前の通り休暇を楽しみながら賃金を稼ぐということです。外国の文化を理解したり、学校に通ったりアルバイトをしたりと様々な選択肢があるビザです。ワーキングホリデーは1980年、オーストラリアとの間で始まりました。現在では、たくさんの国からワーキングホリデーのビザが発行されています。今後もさらに拡大することでしょう。人気の国は、オーストラリア・カナダ・ニュージーランドです。理由はやはり、治安の良さです。現地の良さを最大限知るため、そして安全に暮らすためには治安のよい国が一番です。注意点は、いくら現地で働くからと言っても、すぐに仕事が見つかるとは限りません。日本とは全く違います。なので数か月分の生活費は持っていきましょう。そして、ビザの申請にはそれぞれの国で年齢制限があります。

There are no comments yet

Why not be the first

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*