ワーキングホリデーを活用しよう

先日テレビで観たのですが、若者の海外留学が減少の一途を辿っているそうです。内向きな考えを持つ若者が増えたの言えば簡単ですが、世界に出てから日本の良さや欠点が見えることもあります。積極的に外に出て、異国の言語や文化を吸収して欲しいと願います。高校生や大学生が留学する場合は、費用は親が負担してくれます。一方で社会人の場合は、ワーキングホリデーが活用されます。現地で働くことが出来ますし、ネイティブな言語を学ぶには最高の機会です。レストランや農場で働く若者が多いようですが、自らの力で生活することで、身に付くことはたくさんあります。カナダやニュージーランドでは、ワーキングホリデーを使って長期間滞在をしている若者がたくさんいます。これからの日本はますます国際化が進み、複数の言語を話せる人材が求められます。

ワーキングホリデーの仕組み

ワーキングホリデーはビザによる種類の1つであって、ワーキングホリデーにおける定義には、二国間や地域間による取決めなどに基づいて、各々については相手国や地域における青少年に対して、休暇目的による入国または滞在期間中における旅行や滞在資金を補っていくための付随的における就労を認めているとなっており、これについてはワーキングホリデーという名前の通りで、休暇においては楽しむ目的で現地における生活費をまかなっていくための労働については許可されている意味になっており、また、現地において長期滞在していくことによって現地による異文化を理解して、相手国や自国による相互理解を深めていくことを目的として制定された制度であり、つまり、現地に滞在していきながら学校に通っていく、旅行をしたり、インターンシップをして、アルバイトをしながらボランティアをしていくなどいろんな選択肢が開かれているビザということになっています。

仕事ができるのが魅力のワーキングホリデー

ワーキングホリデーとは、外国語を学びたい若者に適している制度です。カナダやオーストラリアなどで利用されているのが有名で、およそ30歳になる前の若者に、働きながら一定期間滞在できるビザを発給する仕組みです。期間は1年間が多く、国によっては2年間の場合もあります。ふつうに観光ビザで訪れるより長く滞在できるので、語学の勉強をするには打ってつけで、さらに仕事をしていいのが観光ビザにないメリットです。観光や留学だけでは身につかない、生きた外国語を学べる機会とあって、ワーキングホリデーを実施している国には、世界中から大勢の若者がやってきます。日本からも同様で、ワーキングホリデーでオーストラリアなどに入国し、最初の半年くらいは語学学校に通って言葉と生活に慣れ、残りの半年をアルバイトに充てるケースが多くなっています。

There are no comments yet

Why not be the first

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です